最近線画を描かずに厚塗りばっかりやっていたので
頑張って線画を描いてみました。

なので今回は
  1. 線画作成までの流れ
  2. 使用ブラシの紹介
を記事にしていこうと思います

絵は多少デフォルメ強めです




今回は裁縫をモチーフにしたファンタジー系のキャラといったテーマで描いていきます 
別に何も考えなくても描けますが

モチーフは、あった方が描きやすいので結構重要です

ますはアタリを描いていきます
裁縫師アタリ
 
こんな感じに
流れが分かれば良いのでシッカリ描いてはいません 

次にラフ1
裁縫師ラフ
服装や装飾をガシガシ描いていきます

このままだと見難いので軽く線を取っていきます
ラフ2
裁縫師ラフ2
個人的に線を減らすと大体違和感が出るので此処で修正
あとは線を綺麗に引き直せば完成です

線画完成品
裁縫師線画

線画を引くときのポイントとしては
  1. 線が重なる部分はレイヤー分けをする
  2. 線を引くスピードを早くする
  3. 苦手な線の流れで描かない
です

1.は、線を引くときに重なる部分で止めようとすると
線がガタつきやすく綺麗な線になりにくいんですよね
そういう時にはあっさりレイヤーを分けて描いてしまった方が綺麗に線を引けます
例)髪の毛と服が重なる部分

2.は線を引くスピードが遅いとガタつきやすいからです
その分コントロールが難しくなりますが・・・そんな時はCtrl+z
最近のソフトは優秀なので線補正が入ってそんな場面は減りましたけどね

3.はどうしても引きにくい線だとガタつく又は歪になったりします
なので回転ツール(Shift+スペース)や反転(M)させたりして
出来るだけ自分が描きやすいラインで描く

まぁ練習して描けるようにしておいた方がいいですけど・・・
それは影で練習するということで


今回使用したブラシ
線画ブラシ
線画に使用したブラシは赤枠のブラシになります
質感としてはざらついた感じで
アナログっぽい線になりやすいです

デフォルトで入っているブラシなので気楽に使えるのも
ブラシが豊富なKritaのいいところですね

今回は以上です
では!

 
人気ブログランキングへ